愛媛FC TOP > 2006 試合日程・結果 > スコアボード


2006Jリーグ ディビジョン2
第52節 12月2日 (土) 横浜FC vs 愛媛FC

関連記事 

【J2:第52節 横浜FC vs 愛媛 レポート】横浜FCのJ2最終戦。開幕戦での敗戦の借りを愛媛に返し、優秀の美を飾る。  [ J's GOAL ]
【J2:第52節】横浜FC vs 愛媛:試合終了後の城彰二選手(横浜FC)会見コメント   [ J's GOAL ]

2006/12/02 14:04キックオフ 横浜市三ツ沢公園球技場
【入場者数】11,472人【天候】晴 14.8℃ 32%
【主審】鍋島 將起【副審】佐幸 欣治/木城 紀和



横浜FC

前半
後半


愛媛FC
横浜 GK 21 菅野 孝憲
DF 4 崔 成勇
DF 2 早川 知伸
DF 30 小村 徳男
DF 27 中島 崇典
MF 10 内田 智也
MF 6 山口 素弘
MF 13 鄭 容臺
MF 29 滝澤 邦彦
FW 9 城 彰二
FW 11 三浦 知良

GK 1 小山 健二
DF 23 岩倉 一弥
MF 8 アウグスト
FW 7 アレモン
FW 17 北村 知隆
監督 高木 琢也
メンバー
【愛媛】 GK 35 川北 裕介
DF 15 森脇 良太
DF 7 金守 智哉
DF 36 南 祐三
DF 28 松下 幸平
MF 17 石丸 清隆
MF 23 井上 秀人
MF 16 赤井 秀一
MF 27 菅沼 実
FW 18 江後 賢一
FW 33 田中 俊也

GK 1 羽田 敬介
DF 6 川井 光一
DF 13 関根 永悟
MF 32 千島 徹
FW 24 田村 祐基
監督 望月 一仁
12 シュート 13
CK
26 FK 25
【得点】 69' 鄭 容臺
77' アレモン
得点
【得点】
【交代】 34' OUT 三浦 知良
IN アレモン
76' OUT 滝澤 邦彦
IN アウグスト
79' OUT 内田 智也
IN 北村 知隆
交代
【交代】 55' OUT 赤井 秀一
IN 千島 徹
71' OUT 江後 賢一
IN 田村 祐基
88' OUT 井上 秀人
IN 川井 光一
【警告】 14' 崔 成勇
72' 中島 崇典
警告
【警告】

【備考】 82分 退席 横浜FC 高木 琢也(監督)

      
ハーフタイム監督コメント
●高木琢也監督(横浜FC):

・裏のスペースへの飛び出しをもう少し積極的に。
・後半もしっかり集中して戦うこと。

●望月一仁監督(愛媛):

・アレモンのDFの裏への飛び出しに注意しよう。
・運動量が全然少ない。もっと前から守備をしてプレスをかけよう。


試合終了後監督コメント 
●中村有コーチ(横浜FC):
「高木監督は、試合中にペットボトルを蹴ったので退席になった。三浦は怪我のため、前半での途中交代となった」

●高木琢也監督(横浜FC)試合後コメント
Q:北村選手のハンドの判定に抗議して退席処分になったのか?
「目の前にペットボトルがあったので、それを蹴ってしまった。あれがキタ(北村)じゃなかったら、恐らくあそこまでは抗議していない。キタに決めさせてやりたいという気持ちで『思いきってやってこい』と試合に出した中で、ああいう状況だったので、頭にきてしまった。やった行為は自分でもわかっているし、悪いというのもわかっているが…。キタだけではないが、今日の試合に関わっている選手でいうとキタは特別な選手(契約非更新選手)だったので、花を持たせてやりたかった」

Q:今日の三ツ沢は最高の雰囲気でしたね。
「僕はいつもベンチからしかグラウンドが見られない。でも今日はピッチに立って全体を見た時に、こういう雰囲気なんだなというのは初めて感じた。これだけ多くのお客さんが来てくれたことをすごく感謝したい」

Q:セレモニーはどうだったか。
「僕の中では常に、優勝ではなく、昇格することが第一前提としてあって、結果としては昇格も優勝も手に入れることが出来た。改めて優勝してよかったなと思う。こういう雰囲気は昇格だけでも作れるとは思うが、プラスアルファとして優勝すればまた違うものがついてくる。選手たちは本当によく頑張ってくれたなと思う」

Q:全日程を終えた感想を。
「寂しさというものがある。優勝に関しても、昇格についても、前節で決まっていたのでそれは別として、この仲間でやれるのは今日で最後かと思うとちょっと寂しい気がするなぁというのが正直なところですね。
リーグ戦を戦いきったというのもあるが、欲なのかもしれないが、もっともっとこの選手たちで、もっと試合が出来ればな…という欲も、今日こうやって出てきたし…。僕は本当に良い選手たちに巡り会えたと思います」


●望月一仁監督(愛媛):
「横浜FCで始まり、横浜FCで終わったシーズンだった。開幕戦、横浜FCに勝てたことで、J2でやれるという感触を掴んでシーズンが始まった。今日こうして戦ってみても、J2でもやっていけるんだなという感触を掴めた試合だった。いい勉強をさせてもらい、いい宿題をもらったと思う」

Q:引退を表明している川井光一選手、石丸選手への労いの言葉があれば。
「彼らは1年間、この若いチームを支えてくれた。彼らがあってこそ、この若いチームが機能したのかなと思う。言いたいこともたくさんあっただろうに、ベテラン選手たちが我慢をしながらこのチームを作ってくれた。川井、そして石丸には感謝している」

選手コメント
●鄭容臺選手(横浜FC)
「序盤はしっかり守って、その隙をみて点数を取る…という、いちばん『らしい』というか、象徴したゲームが出来てよかった。苦しい時期もあったが、選手・スタッフの頑張りもあり、サポーターも見捨てずに応援してくれたお陰で、こういう結果が最高の形であったので本当に良かった。リーグも終わったので、しっかりこの優勝の喜びを味わいたい」

Q:崔成勇選手からのクロスも見事なゴールとなりました。
「すごいめぐり合わせというか、自分でもあまり記憶にないというか、空間が止まっていた。自分の足じゃなかった…っていう表現がいちばんいいかもしれない。打って当たって、見たら入っていた。練習でもなかなか出来ないですからね、本当に(笑)。皆にも言われました」

●城彰二選手(横浜FC)
「横浜FCの一員として、最後しっかりやろう、それだけを思いピッチにたった。愛媛には借りがあったし、初戦でコケで足達監督が解任になった。この借りはしっかり返さないといけないという思いを持っていた。
ゴールは取りたかったが、アクシデントでカズさん(三浦)が膝を痛めてしまった。アレモンとルイス(アウグスト)が入ってきて、どうしてもチームのバランスとかそういうことを考えて、自分は下がって中盤でプレーすることを考えた。それもチームのためというか、今までやってきたことと変わらず、まっとうしなくてはならない。そういう意味では、無失点でシーズンを終えられ、非常に横浜FCらしい勝利だったと思う。
(2点目のアレモンへのアシストについては)とても良い位置にいてくれたので…。
13年間の思いもあったし、横浜FCという、僕が崖っぷちにいた時に拾ってくれたクラブに対して、そしてサポーターに対しての恩返しが出来たと思うし、そういう気持ちで、今日は全てを出そう…と、そしてチームのために、チームの一員としてやろうと、それを考えてプレーしていた。こういう形で勝って最後を迎えられて幸せだなと思う」

●菅野孝憲選手(横浜FC)
「まだまだ、これからです!!!(笑)」


●石丸清隆選手(愛媛FC)
「もう少しくさびのボールが入ってビルドアップできればよかったが、真ん中が堅くて、なかなかボールが入らなかった。決定的なところのミスも多いし、そういうところが来年の課題にもなるのではないかと思う」

Q:引退するにあたって
「僕の能力からしたら、11年もよくやったんじゃないかと思う(笑)。『まだ出来る』なんて言われていますが、僕の能力では十分やったんじゃないかと思う。最後なので、本当は今日は勝ちたかった」

●川北裕介選手(愛媛FC)
「今日は引退する選手たちのためにも勝ちたかった。1点目はセットプレー、2点目はセンタリングからで、もったいなかったと思う。負けたことは非常に悔しいが、横浜FCのJ1昇格は素直にすごい。ああいうセレモニーを目の前で見たら、優勝してJ1に行きたいなと思いますね」

関連記事

【J2:第52節 横浜FC vs 愛媛 レポート】横浜FCのJ2最終戦。開幕戦での敗戦の借りを愛媛に返し、優秀の美を飾る。  [ J's GOAL ]
【J2:第52節】横浜FC vs 愛媛:試合終了後の城彰二選手(横浜FC)会見コメント   [ J's GOAL ]

関連写真