ニュース&トピックス

03/13  株式会社愛媛FC 豊島 吉博 代表取締役社長就任のお知らせ

news
この度、株式会社愛媛FCでは2015年3月13日(金)付けで豊島 吉博(64)が代表取締役社長に就任することが決まりましたのでお知らせいたします。



■豊島 吉博(とよしま よしひろ)プロフィール

【生年月日】1951年2月27日(64歳)
【出身地】愛媛県伊予郡砥部町
   
【経歴】
1969年3月 愛媛県立松山東高等学校 卒業
1973年3月 神奈川大学法学部 卒業
1973年4月 愛媛新聞社 入社
1994年5月 公益財団法人 日本サッカー協会 常務理事兼事務局長
2006年6月 Jリーグエンタープライズ代表取締役社長/Jリーグフォト代表取締役社長
2012年5月 愛媛新聞社 新聞活用ディレクター
2013年3月 愛媛県サッカー協会会長 (現在)
2015年3月 愛媛新聞社地域連携アドバイザー (現在)

■豊島 吉博 新代表取締役社長 コメント
この度、株式会社愛媛FCの代表取締役社長に就任いたしました豊島 吉博です。
愛媛FCは、愛媛県と県内20市町と多くの企業出資により、愛媛県全域をホームタウンとする「県民クラブ」として活動してまいりました。
ファン、サポーターを始め、多くの県民の皆さまに支えられ、2006年のJリーグ加盟以来、10年目のシーズンを迎えることができましたことを、厚くお礼申し上げます。
しかしながら、この間、結果的にJ2リーグ戦での成績は振るわず、会社としても努力はしましたが、運営規模や観客数を伸ばすことができませんでした。一方、会計上の問題を起こすなど、残念ながら県民の皆さまの期待に応える活動ができませんでした。今後、少しずつでも前に進むことによって、県民の皆さまの信頼を取り戻してまいりたいと思っております。
今シーズンは10年目の節目を迎え、心機一転、新しい経営陣の元、新監督を迎え、新生愛媛FCとして、スタートを切ります。新しいスタートに際し、Jリーグ百年構想をもとに、愛媛版として「愛媛FC百年構想」をたて、地域密着、地域に根ざした県民クラブとして、「スポーツでワクワク、ドキドキえひめ」の実現を目指して、愛媛県民の皆さまとともに歩み、愛され、誇りとなるよう、全力前進したいと思います。そして、愛媛FCの発展に全力を尽くし、愛媛FCの活動を通して愛媛県民全ての方々に楽しんでもらえるようスポーツ文化を広げていきたいと思います。
新しい監督の元、選手、チームスタッフ、社員、役員、株主の方々、いつも応援して頂いているスポンサー、サポーター、そして多くの県民の皆さまの生活の中にあるクラブづくりを目指して頑張っていきたいと思いますので、これまで以上に、ご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■愛媛FC百年構想について

<愛媛FC百年構想> ~スポーツでワクワク、ドキドキえひめ~

愛媛県民クラブとしての自覚のもとに、Jリーグクラブとしての矜持を胸に、県民に愛され、愛媛の誇りとなります。県民の皆さまとともに、サッカーを始めとするスポーツ活動を通して、いつでもからだを動かし、スポーツを楽しめる環境づくりに尽くします。
そして、こころもからだもワクワク、ドキドキする感動や感性で、愛媛らしいスポーツ文化の醸成を図ります。

・愛媛県民、企業、行政一体の身の丈クラブを自覚し経営します
・愛媛県民に愛され、誇り、シンボルとなるクラブとして活動します
・Jリーグ試合で、県民が夢と希望と感動を味わえるプレーをします
・プロスポーツとして楽しんでもらえるエンターテイメントを提供します
・愛媛のトップクラブとしてJ1リーグで活躍します
・日本の地方クラブNO1となります
・日本各地に愛媛ブランドを発信、地域活性化や振興に尽くします
・愛媛スポーツ界のリーダーとしてスポーツの普及振興に尽くします
・愛媛県内20全市町村に、緑の芝生の広場やスポーツを楽しめる施設環境づくりに尽くします
・愛媛県内20全市町村に、サッカーに限らず、県民それぞれがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブづくりに尽くします
・サッカーを始め、スポーツを「見る」「する」「参加する」ことを通して、年齢や性別や障害のあるなしに関係なく、ふれあいの輪を広げ、愛媛全体が愛顔あふれる社会になるように尽くします