ニュース&トピックス

02/23  Jリーグによる制裁の決定について

news
当社の平成24年度および平成25年度の決算処理が不適切であった事案に関して、本日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下、「Jリーグ」という)より、下記のとおり制裁処分を受けましたのでご報告申し上げます。

本事案およびそれに伴うJリーグの制裁処分を厳粛に受け止め、深く反省いたしますとともに、サポーターおよび関係する皆様方に心よりお詫びを申し上げます。

■Jリーグによる制裁の種類および内容等
(1) 制裁の種類及び内容
1. けん責(始末書をとり、将来を戒める)
2. 制裁金300万円

(2) 制裁の適用条項
1. 「Jリーグ規約」第141条[チェアマンによる制裁および調査]第1項
2. 「Jリーグ規約」第142条[制裁の種類]第1項第1号・第2号

■亀井社長のコメント
Jリーグの制裁処分を厳粛に受け止め、深く反省いたしております。
協力、関係いたします皆様方に、ご迷惑やご心配をお掛けすることとなり、誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。
本案件は、会社組織の構築が十分になされておらず、組織として必要な対策をとってこなかったことが要因でありますので、 2月24日に執り行われます、取締役会にて、役員人事、新体制へ向けての協議をいたしまして、公表いたします。
今後は、二度とこのようなことが起こらないように、十分に経営組織の対策をとっていきたいと思います。
誠に申し訳ありませんでした。